ある、さいたま市議の問題行動

親愛なる貴方へ
知人から聞かされた情報に愕然。
了承を得て、記事をコピーさせて頂いた。
子を持つ親の一人として、大変不安である。
以下、知人のブログよりの記事である。
ある地域で、地元でも評判の悪い市会議員が、自分の事務所を置いているマンション内に、タトゥーショップを入居させるのだと、知人が情報をくれた。
小学校から直線距離にして、100メートル程の距離の所だそうだ。
住民にも入居の事実は知らされていなかった為、治安の悪化を心配した方があちこちに相談されている。
タトゥーショップは風俗ではない為、警察も役所も動きは取れないようだが、この市議は教育育成会の副理事で、小学校でもよく挨拶をする人物。
こんな子供の安全と環境を一番に考えていると公言する人間が、管理を任された部屋に、タトゥーショップを斡旋したそうだ。
小学校へも通報、教育育成協会理事にも相談し、辞めさせなければと言う動きになっているが、当の市議は「心配しすぎだ、アンタは非常識だ」と怒鳴り、ここではかけないような言葉で恫喝と威圧をおこなったと、住民は言う。
更に市議は明日総会を求めた住民に対し、苦情を述べてきた者だけに召集をかけ、話は聞いたという事実だけを残そうと言う計画を立てているようだが、住民は独自で結束。断固入居拒否の姿勢で、望むらしい。
このマンションの内部には託児所や幼児教室があり、近所には子供が多く居住する。
ショップに出入りする人物の素性に不安があると保護者達が考えても不思議はないのだが、問題ないとする市議は責任をどう考えているのだろうか。
スポンサーサイト

 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky Ruins DW99 : aqua_3cpl Customized Version】