点字講習会へ行った

空親愛なる貴方へ
市の学費補助審査を通過すれば火曜事になる専門学校へ、点字の講習会を受けに行ってきた。
見た事はあっても六歳の時の事で、全く知識はなかったのが幸いしたか結構面白かった。
生徒予備軍は私を入れて四人。女性は私一人だ。これにスッタッフ二人、図書館長を兼任する先生と図書館員さんが付いて指導をしてくれる。何とも贅沢な講習会となった。
おかげで解りやすく丁寧に指導していただき、あとは私の記憶力の問題と言うところまでにしてもらった。
まずは道具の使い方、続いて点字の書き方、五十音のあ行とか行の書き練習。点字は平仮名で書くので、単語は正しい音で覚えなくてはいけないらしい。書く時は、読む文字とは反転させて書かなければならず、読む時は結構苦労する。
指先で触れて読む練習もしてみたが、自分の指先が鈍い事が解ったくらいだった笑。そして私は見えるのでつい目で追ってしまうが、これは指先の感覚を磨けないので駄目だとも解った。
更に心情として「想いは引き寄せる」の考えで生きている私は、点字を学ぶのは嬉しくはない。理由は見えなくなる事を前提に、話をされるのが苦痛である。可能性はいつでもあるのは否定しないが、「その時考える」でいないと「負の念」を引き寄せて、周囲にも影響が出るからだ。
ふと「見えるって邪魔だな」と思ってしまい、呆然とした後苦笑したくらいだ。
学校で必要と言われたから身に付けるが、必死に覚えて早々に通わないようにしたい。遅れて入った分、次の講習までに指に覚えさせなくてはならない。頭の体操もかねて頑張るぞww!!
追伸…点字を打つ板と金具とピンで小売り価格一万円。手帳のある方が福祉課に相談すると、収入に応じて安くなるそうではあるが本気で驚いた。
今以外お世話になるつもりもないので、今の所買う気はない。

励みにします!何でも書き込んで下さいませ
FC2ランキングクリックお願いです
スポンサーサイト

 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky Ruins DW99 : aqua_3cpl Customized Version】