GW三日目、見上げれば…

2007_04290016.jpg
親愛なる貴方へ
見上げれば、こんなふうに新緑の枝に仲間でよさ(集ま)っていられると、「この子らは家族かな?」とアホな考えが浮かぶ。
GWとはいえ何かが変わるわけでなく、いつものように実家から借りている家庭菜園で、旦那様は野菜収穫と土いじり。
娘は菜園のすみに自作した花壇の雑草取りや種まき。
二人目の娘コーギー鈴は窓を開けた車で、出してもらえず(忘れられ)フテ寝
息子は私と建設残土のガラスや大きめ石の欠片除去を、汗ばむ日差しの中行った。これに関して不満はない。むしろ新鮮な野菜独特の甘みたっぷりな野菜が手に入るし、運動不測には除去も結構な運動となる。
ただ…こんなふうに家族と過ごすと言う事が、今だ慣れないし信じられないだけである。それでも集団を見て連想できそうになると、「家族か?」と何に対しても思うようになっている。
今までなら年間で一番キツイのは、貴方の亡くなった夏と最後にデートした春。その季節が今年は早く過ぎた事を、この陽気のせいで体が勘違いしているのだろう。暗く過ごす日々が短いのは、やはり周囲に与える影響も少なくて助かる。
私は強くない。
だが子供達の為に、まだ貴方のところへ逝けない。ごめんなさい。
貴方の後追い希望年数の第一段階を今年超えます。ごめんなさい。
昔からの願い通り満開の桜の下、貴方の所へ行きたいのに今年も逃しました。
会って大泣きしたいのに、抱きしめられる温もりが欲しいのに…なかなか思い通りには行きません。

励みにします!感想等何でも書き込み下さい
ブログランキング 投票お願いしますね~♡

スポンサーサイト

 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky Ruins DW99 : aqua_3cpl Customized Version】